防犯対策から考える外構工事メインビジュアル

防犯対策を意識した外構

世界的に見れば、治安の良い国とされている日本。ですが、近年では日本の犯罪率も上昇傾向にあり、特に空き巣被害や自動車盗難など、自宅や自宅の敷地内を狙った犯罪は 珍しいことではなく、もっと身近な問題としてとらえなければならなくなっています。とても悲しいことですが、物騒な世の中になってしまいました。
みなさんは住宅の防犯対策をちゃんと考えていますか?一軒家の防犯対策を考える際にポイントとなるのが外構(エクステリア)です。
外構は侵入者が必ず通る最初の砦です。門扉や塀、カーポートが無防備であれば、侵入者はここぞとばかりに容赦なく乗り込んできます。 防犯対策として、まずは侵入者から狙われないような外構にすることが一番です。 しっかりと防犯を考えた外構は、通りから見ても、すぐそれと分かります。 侵入者は事前に下見をしていることが多いので、その際に侵入し難い印象を与えるのが第一です。一番の防犯は相手に侵入させる気を失わせることです。
次に、侵入者の隠れることができるポイントを作らないようにすることです。 実際に侵入して来た際には人目に触れやすいように、犯行を妨げるようになっていなければなりません。やはり、人目につきやすいと犯行がやりにくくなります。 そのためにも、人感センサー付きのライトや防犯カメラの設置はとても有効なアイテムです。防犯カメラはダミーだとしても効力を発揮しますので、ぜひ取り入れたいアイテムですよね。
侵入者は数多くある家の中から入りやすそうな家を念入りに調べ上げて、ターゲットを絞って入ってきます。物騒な世の中、防犯対策のしっかりした外構工事をして、 侵入者に狙われない家を目指しましょう。

防犯
  • 外構なら岡崎のシンクリッチ
    エクステリア外構の設計・施工なら株式会社シンクリッチへ。空き家管理もご相談ください。
    愛知県岡崎市細川町字石田67番地1
    http://thinkrich.co.jp/

防犯カメラ

住宅の防犯アイテムとして、真っ先に思い浮かぶのは防犯カメラではないでしょうか。 防犯カメラが設置されているのを見つけた時点で、まず侵入者もターゲットから除外するはずです。 そういった意味では、稼働していないダミーの防犯カメラもある程度効力があるので、ダミーカメラを利用しているお宅もけっこうありますが、 侵入者側も研究しているので、簡単に騙されないようになっていますので、できればちゃんと録画している防犯カメラを設置したいところです。 防犯カメラもどこでも設置しておけばいいというわけではありません。効果的な設置場所や、設置する際にはカメラの角度にも配慮が必要です。 防犯カメラは性能によって値段もピンキリです。あまり値段だけで選ばずに、録画画像の鮮明さなど、ある程度の性能基準を満たした物を選ぶのが賢明です。
もっと詳しく

防犯カメラ
  • 岐阜市からすぐ!THE GARDEN 一宮店
    外構工事・エクステリアの設計・施工専門店。
    新築の外構、お庭のリフォームなどご相談ください。
    一宮市森本4丁目11-24
    tel:0586-64-9900
    https://www.morph-ex.com/

外周の対策

住宅の防犯で大切なことは、侵入させる気を失くさせること。それには、やはり敷地周り・外周の防犯が重要です。 つまり、塀やフェンスなどの外構工事の際に、防犯対策を意識して設計することがカギとなってきます。 たまに、新築の一戸建て住宅が完成した後も、しばらく外構工事がされずに、塀もフェンスもない状態になっているケースを見かけます。 予算の都合か、工期の都合かはわかりませんが、とても無防備で、見ているこちらが心配になってしまいます(笑)
お城や要塞のような塀を造れ、とまでは言いませんが、ちょっとしたフェンスがあるだけでも防犯効果はグッと高まります。
もっと詳しく

門周りの対策

門周りの防犯対策について考えましょう。門周り・玄関周りはその住宅の顔ともいえるべき場所なので、デザインや印象・見た目重視で考えてしまいがちのところです。 ですが、防犯という観点から考えると、ここもまた重要なポイントとなるエクステリアアイテムがたくさんあります。例えばインターホン。今、インターホンを付けていない住宅は無いといっても過言ではないでしょう。 ただし、カメラ付きのドアホンが付いているかというと、割合で言えばまだ半数くらいでしょうか。防犯というと空き巣対策を考えがちですが、最近は悪徳なセールスや特殊詐欺で住宅を訪問する 犯罪が増加しています。それらの対策としてもカメラ付きのインターホン・ドアホンは録画画像が後々の証拠にもなりますので、とても有効ですし、カメラ付きであることがわかれば、 物騒な訪問者もターゲットから除外するはずです。
もっと詳しく

インターホン

敷地内の対策

侵入者が塀やフェンスを越えて敷地内に入ってしまった場合、不審者が侵入していることを気付くためや、犯行がしづらい場所だと認識させるための防犯対策が必要です。 そこでよく用いられるのが照明や歩くたびに音がする玉砂利などです。これらの防犯グッズはホームセンターでも大変豊富な種類がそろっていますので、ぜひ一度足を運んでみることをおすすめします。 素人でもいちばん簡単に取り入れられるのが「防犯砂利」と呼ばれる商品です。普通の砂利よりも硬質で音が鳴りやすい砂利なので、敷地内に撒いておけば、誰かがその上を歩いていることに気づきやすいです。 侵入者も音を出すことは嫌がりますので、諦める可能性があります。また人感センサーで反応するライトも大変効果的です。警察の統計によると、犯罪者が最も嫌がるのが明るく照らされている状況だそうです。 お手ごろな値段で種類もたくさんあるので、まずは照明を取り付けてみてはいかがでしょうか。
もっと詳しく