きれいに仕上げたい外構工事、気をつけたい防犯対策についてまとめたサイト『防犯対策のある外構工事』
きれいに仕上げたい外構工事、気をつけたい防犯対策についてまとめたサイト『防犯対策のある外構工事』


外構は侵入者が必ず通る最初の砦です。
防犯対策として、まずは侵入者から狙われないような外構にすることが一番です。
しっかりと防犯を考えた外構は、通りから見てすぐそれと分かります。
侵入者は事前に下見をしていることが多いので、その際に侵入し難い印象を
与えるのが第一です。
次に、侵入者の隠れることができる所を作らないようにすることです。
実際に侵入して来た際には人目に触れやすいように、
犯行を妨げるようになっていなければなりません。
やはり、人目につきやすいと犯行がやりにくくなります。
侵入者は数多くある家の中から入りやすそうな家を狙って入ってきます。
このサイトでは敷地内への侵入を防ぐ外構について説明します。
物騒な世の中、防犯対策のしっかりした外構工事をしましょう。

 

塀とフェンス

第一に、簡単に敷地内に侵入されないことが大切です。フェンスや門扉などを用いて しっかりと敷地を囲う外構工事をお勧めします。

門周り

侵入者は敷地内に侵入するにあたり、入りやすい場所を探しています。

敷地内

敷地内は見通しが良く、侵入者が敷地内で自由な動きができないように しておく必要があります。

生垣・植栽

生垣や植栽を設ける際には、フェンス等と同様、ある程度の見通しを確保する
必要があります。高さや大きさ・位置・範囲に注意して下さい。

郵便受け

郵便受けは郵便物の盗難を防ぐため、外から手の入れにくいものを選ぶといいでしょう。

カラーカメラ

映像をカラーで見られますから、白黒カメラに比べて人物の特定は容易になります。